資産運用の入門実践サイト、初心者からの一番詳しい始め方

最終更新日 / 作成日 2015/06/27 / 作成者 資産運用の管理人
コツコツ宝船

ここは臆病な管理人が実際に資産運用をしながらサイトを作っている、資産運用の入門実践サイトです。

目標は働かなくても食っていける資産形成をすることです。配当利回り等で税引き後の年間収入が300万円になるのを目標に、株式投資、投資信託、節税、節約、副業に取り組んでいきます。毎日布団の中でゴロゴロするのが夢です。

資産運用の実践ジャンル

株と投資信託の実践

株と投資信託の実践、初心者から始める国内株と外国株への投資

資産運用といえば株と投資信託への投資です。株式投資はリスクも高いですがリターンも高いです。毎年1%から3%の配当金がもらえたり、国内株は株主優待で商品や割引券がもらえたりします。

投資信託は多くの銘柄に一度に少額からでも投資できるので、リスクを分散することができます。日本より成長力のある先進国の外国株を、投資信託で積立投資していくのは、かなり有望な投資方法です。

管理人の主力投資先は米国株並びに外国株の投資信託です。国内株への投資は少なめで、主に配当と優待目的で保有します。たまに短期勝負で国内株を保有することもあります。


国内債券

貯金より利回りが良い国内債券のすすめ、国内債券インデックスファンド、個人向け国債、社債の実際

国内債券は貯金するよりは期待出来る利回りがかなり良くて、株や株式中心の投資信託よりも損するリスクがかなり低い投資先です。ただし、長期金利が現在マイナス金利なので、短期的には期待できるリターンはかなり低いです。老後のオヤツ代を目標にジミーに毎月積立をしています。


コツコツFX取引

FXの実践、練習程度から始めて機を待つ戦法

株式投資と投資信託の次に来る資産運用の方法がFXです。円相場は5年に一度くらいの割合で極端な円高・円安を行き来します。練習程度の投資額でFXを始めるのがオススメです。管理人はいつか来る極端な為替相場に、負けても耐えられる程度の勝負をかける感じで臨むつもりです。(現在、管理人のFXは冬眠中です)


コツコツ節約&節税

ふるさと納税と節約情報

簡単な節約方法を実践するだけで年間数万円節約できたり、節税の仕方を少し勉強するだけでも、将来的にかなりの額の税金を少なくすることもできます。ふるさと納税の節約から、税金を1%割引にする方法、その他の節約や節税方法のメリットとデメリットを掲載しています。


アフィリエイト収入

副収入と副業、そして個人事業と法人設立

根本的に収入自体を上げることが最も重要です。副業での稼ぎ方から、法人の解散の仕方、個人事業主の始め方、合同会社の始め方など、株式会社を解散して個人事業主として再スタートして、再び合同会社を設立した管理人が書いている自営業や副業向けの情報コンテンツです。

最近更新した資産運用の記事

2017/09/20 資産運用ポートフォリオ +5,661,652円 任天堂を半分売却、投資信託の積立額を大幅アップ
2017/08/21 資産運用ポートフォリオ +3,918,147円 すかいらーくを新規購入&北朝鮮と米国大統領
2017/07/22 資産運用ポートフォリオ +4,537,125円 すかいらーくを損切り&パナソニックを新規購入

資産運用の実践ポートフォリオ

ポートフォリオ更新日:2017年9月20日
株式投資額(時価):前回19,140,641円 → 今回16,933,576円
株式評価損益:前回+3,504,456円 → 今回+3,925,494円

投資信託と債券の時価評価:前回787,722円 → 今回729,375円
投資信託と債券の評価損益:前回+43,701円 → 今回+71,341円

合計運用資産:前回19,928,363円 → 今回17,662,951円
合計運用損益:前回+3,918,147円 → 今回+5,661,652円

国内株式 NISA口座 (運用額356,300円、損益-29,900円)

銘柄取引単価平均簿価株数損益
日本郵政1,4331,841100-40,800
IIJ2,1302,020100+10,900

国内株式 総合口座 (運用額10,942,000円、損益+2,731,100円)

銘柄取引単価平均簿価株数損益
三井住友銀行4,2693,281300+296,400
日本郵政1,4331,196100+23,700
IIJ2,1301,584900+491,400
任天堂42,89025,600100+1,729,000
すかいらーく1,6291,6295000
パナソニック1,6651,5381,500+190,500

米国株式 NISA口座 為替111円換算 (運用額1,870,848円、損益+334,006円)

銘柄取引単価(ドル)株数購入価額(円)損益(円)
LMT305.6528740,926+209,034
GOOG921.819795,916+124,972

米国株式 特定口座 為替111円換算 (運用額 時価3,764,428円、損益+890,288円)

銘柄取引単価(ドル)株数購入価額(円)損益(円)
BRK.B183.0140634,101+178,463
AMZN969.868603,676+257,560
JNJ135.2252649,732+130,758
NVDA187.3563986,632+323,507

投資信託と債券 (運用額729,375円 損益+71,341円)

内容簿価(購入価額)損益
三井住友・日本債券インデックスファンド11,000円-20円
iFree外国株式インデックス140,000円+14,717円
たわらノーロード先進国株式140,000円+14,892円
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド140,000円+15,583円
ニッセイ外国株式インデックスファンド140,000円+14,692円
ニッセイ日経225インデックスファンド12,000円+963円
ひふみプラス75,000円+10,514円
↑ページの先頭へ戻る