2016年12月20日 +1,383,659円 資産運用ポートフォリオ、円安と株高が継続

最終更新日 / 作成日 2016/12/20 / 作成者 資産運用の管理人

ポートフォリオ更新日:2016年12月20日
株式投資額(時価):前回6,422,813円 → 今回7,008,109円
株式評価損益:前回+466,197円 → 今回+1,051,492円

投資信託と債券の時価評価:前回1,292,170円 → 今回1,356,638円
投資信託と債券の評価損益:前回+11,768円 → 今回+24,635円

合計運用資産:前回7,714,983円 → 今回8,364,747円
合計運用損益:前回+755,596円 → 今回+1,383,659円

最近の取引
特になし

先月に引き続き、円安がさらに進んで日経平均も上昇したことから、運用益が大幅アップしました。

国内株式 NISA口座 (運用額408,000円、損益-46,200円)

銘柄取引単価平均簿価株数損益
日本郵政1,5181,841100-32,300
IIJ1,7692,020100-25,200
ラウンドワン793680100+11,300

評価損益 前回-74,500円 → 今回-46,200円

ラウンドワンは売り上げが少し落ちた結果、直近で株価が少し下がりましたが、すぐに上昇しました。ラウンドワンから2000円分の優待券が届いたので、近いうちにスポッチャで遊びまくろうと思っています。

国内株式 総合口座 (運用額3,133,500円、損益+604,000円)

銘柄取引単価平均簿価株数損益
三井住友銀行4,6323,281300+405,300
日本郵政1,5181,196100+32,200
IIJ1,7691,584900+166,500

評価損益 前回+326,300円 → 今回+604,000円

銀行株が前回に続き大幅に上昇して、足手まといなIIJが少し株価を戻した結果、評価益が倍増しました。IIJは何か材料が出て上がったというわけでもないので、また下がるかもしれないので期待せずに傍観しようと思っています。

米国株式 NISA口座 為替118円換算 (運用額1,251,154円、損益+165,747円)

銘柄取引単価(ドル)平均簿価(ドル)株数購入価額(円)損益(円)
LMT252.18212.4920497,991 (117.18円/ドル)+97,154
GOOG794.20725.867587,416 (115.61円/ドル)+68,593

評価損益 前回+79,007円 → 今回+165,747円

LMTはロッキードマーチン、GOOGはグーグルです。

大幅に円安に傾いたため米国株の評価益も倍増しました。ロッキードマーチンがトランブ大統領に狙い撃ちにされて、ロッキードマーチンの戦闘機の予算を減らすとかなんとか言って株価が下がってしまいましたが、それでも円安は強しです。

米国株式 特定口座 為替118円換算 (運用額 時価2,215,455円、損益+327,945円)

銘柄取引単価(ドル)平均簿価(ドル)株数購入価額(円)損益(円)
BRK.B165.35144.3740634,101 (109.80円/ドル)+146,351
AMZN766.00713.708603,676 (105.73円/ドル)+119,428
JNJ116.02119.9452649,732 (104.18円/ドル)+62,166

評価損益 前回+135,390円 → 今回+327,945円

BRK.Bはバークシャーハサウェイ、AMZNはAmazon、JNJはジョンソン・エンド・ジョンソンです。

こちらも円安と米国の株高が重なって、評価益が大幅に伸びてくれました。米国株を購入したいところですが、円安すぎて米国株高すぎて手が出しにくいです・・。

投資信託と債券 (運用額1,356,638円 損益+24,635円)

内容簿価(購入価額)損益
マネックスグループ株式会社 2017年5月19日満期 0.6% 円建社債1,000,000円+100円
三菱UFJ国内債券インデックスファンド 毎月2,000円74,000円+1,816円
SMT国内債券インデックス・オープン 毎月2,000円74,000円+2,052円
たわらノーロード国内債券 毎月500円2000円-29円
三井住友・日本債券インデックスファンド 毎月500円2000円-27円
ニッセイ国内債券インデックスファンド 毎月500円2000円-29円
iFree外国株式インデックス 毎月10,000円40,000円+5,054円
たわらノーロード先進国株式 毎月10,000円40,000円+5,111円
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド 毎月10,000円40,000円+4,766円
ニッセイ外国株式インデックスファンド 毎月10,000円40,000円+5,031円
ニッセイ日経225インデックスファンド 毎月1,000円3,000円+351円
ひふみプラス 毎月5,000円15,000円+419円

評価損益 前回+11,768円 → 今回+24,635円

こちらも円安と米国株高で外国株式インデックスが上昇しています。少し余力が出てきたので、外国株式インデックスのそれぞれの積立額を月1万円から月2万円へ増額しようかなと思っています。

長期金利が上昇したため国内債券がボロボロになっています。もともと月500円、多くても月2000円しか積み立てていないので、影響は超軽微ですが、積立額をそれぞれ月2000円にしようかなと思っています。

ひふみプラスの成績が良ければ、毎月の積立額を増額したいところですが、日経平均よりも負けているので現状維持のままにします。

SBIポイントがもらえない投資信託は楽天証券に乗り換えようと思っています。積立額の変更と一緒に整理しようと思います。

受け取り配当と実現損益 (税引き後、合計+268,004円)

日付内容金額
2015年 12月7日IIJの配当+1,100円(NISA)
2016年 3月31日LMTの配当+3,267円 (29.7ドルx110円/ドル)
2016年 6月24日日本郵政の配当+2500円(NISA)
2016年 6月27日IIJの配当+1100円(NISA)
2016年 6月30日三井住友銀行の配当+15,000円(源泉徴収済+損益通算)
2016年 6月30日極楽湯の配当+600円(NISA)
2016年 7月01日LMTの配当+3,119円 (29.7ドルx105円/ドル)
2016年 7月25日任天堂の売却益+268,572(源泉徴収済)
2016年 8月09日極楽湯の売却益+32,000円(NISA)
2016年 8月09日極楽湯の売却益+155,622(源泉徴収済+損益通算)
2016年 9月30日LMTの配当+3,059円 (29.7ドルx103円/ドル)
2016年 11月07日IIJの売却損-168,480円
2016年 11月09日IIJの売却損-39,828円
2016年 12月02日三井住友銀行の配当+17,930円
2016年 12月06日IIJの配当+6,455円
2016年 12月06日日本郵政の配当+1,993円
2016年 12月13日JNJの配当+3,523円 (29.86ドルx115円/ドル)

前回+277,631円 → 今回+307,532円

今回は4か所から配当をもらいました。今年もらえる配当も残りはおそらくLMTのみになるので、合計6万円くらいになります。来年は20万円くらい配当がもらえるようにしたいなと思います。

JNJの配当は52株で一株0.8ドル。全部で41.6ドルですが、税金が10%+20%ほどかかるので、29.86ドルしか手元に残りませんでした。外国税額控除で税金の10%近くは戻ってくるので、確定申告の時に税額控除を試してみようと思います。

今回の資産運用の実践ポートフォリオのまとめ

今回は何もしていませんでしたが、先月の+716,068円から今月は+1,344,131円に合計運用損益が倍増しました。

投資の才能があるというよりも、単に円安に傾いて日本もアメリカも株高になったためです。バカでも適当な株を買っていれば儲かっている感じなので・・・。

ある程度余力ができたので資金を投下したいところですが、日米ともに株価が高すぎて円安すぎて、個別銘柄は買えそうにありません。代わりに、次回までに投資信託の積立額を増やそうと思います。