2017年4月19日 +1,576,782円 資産運用ポートフォリオ、任天堂を買い増し

最終更新日 / 作成日 2017/04/19 / 作成者 資産運用の管理人

ポートフォリオ更新日:2017年4月19日
株式投資額(時価):前回9,817,722円 → 今回12,314,047円
株式評価損益:前回+1,375,605円 → 今回+1,237,429円

投資信託と債券の時価評価:前回1,521,780円 → 今回1,538,094円
投資信託と債券の評価損益:前回+35,273円 → 今回+20,083円

合計運用資産:前回11,339,502円 → 今回13,852,141円
合計運用損益:前回+1,726,620円 → 今回+1,576,782円

最近の取引
3月21日 任天堂 総合口座 100株(@26,329円) 追加購入

任天堂をもっと買ってみました。スイッチは結構売れていて、かなり利益に貢献すると思うんです。

国内株式 NISA口座 (運用額427,200円、損益-27,000円)

銘柄取引単価平均簿価株数損益
日本郵政1,3491,841100-49,200
IIJ1,9682,020100-5,300
ラウンドワン955680100+27,500

評価損益 前回-16,600円 → 今回-27,000円

国内株式のNISA口座は、銀行株が下落して、IIJが冴えない展開になり、ラウンドワンが上がりました。特に動く予定はありません。

国内株式 総合口座 (運用額8,501,500円、損益+852,000円)

銘柄取引単価平均簿価株数損益
三井住友銀行3,8783,281300+179,100
日本郵政1,3491,196100+15,300
IIJ1,9681,584900+345,600
任天堂27,16025,600200+312,000

評価損益 前回+804,100円 → 今回+852,000円

銀行株がだいぶ下がってしまいました。原因は把握していませんが、円高と北朝鮮vsアメリカの抗争が原因なのかなと思います。

任天堂が変動は大きいですが、銀行株の下落分をカバーしてくれました。まだ上がると思うのですが、特に理由もなく下がったりするので、当分の間は見守りです。

米国株式 NISA口座 為替108円換算 (運用額1,213,200円、損益+127,792円)

銘柄取引単価(ドル)平均簿価(ドル)株数購入価額(円)損益(円)
LMT268.78212.4920497,991 (117.18円/ドル)+82,573
GOOG836.82725.867587,416 (115.61円/ドル)+45,219

評価損益 前回+191,890円 → 今回+127,792円

LMTはロッキードマーチン、GOOGはグーグルです。

円高とGoogleの広告騒ぎで下落してしまいました。GoogleはYoutubeの広告運用が不適切だったため、大手広告代理店が逃げて、その影響でGoogleの株価が下落しました。広告運用も適切な感じになってきているので、そのうち戻ると思います。

円高になってきているので、米国株をNISA口座で少し買い増したいところです。

米国株式 特定口座 為替108円換算 (運用額 時価2,172,147円、損益+284,637円)

銘柄取引単価(ドル)平均簿価(ドル)株数購入価額(円)損益(円)
BRK.B163.69144.3740634,101 (109.80円/ドル)+73,039
AMZN903.78713.708603,676 (105.73円/ドル)+177,189
JNJ121.82119.9452649,732 (104.18円/ドル)+34,409

評価損益 前回+396,215円 → 今回+284,637円

BRK.Bはバークシャーハサウェイ、AMZNはAmazon、JNJはジョンソン・エンド・ジョンソンです。

主に円高の影響で運用益が下がってしまいました。特にJNJは医療系の収益があまり良くなかったため、株価自体が結構下がってしまいました。

投資信託と債券 (運用額1,538,094円 損益+20,083円)

内容簿価(購入価額)損益
マネックスグループ株式会社 2017年5月19日満期 0.6% 円建社債1,000,000円-100円
三菱UFJ国内債券インデックスファンド 毎月2,000円82,000円+1,950円
SMT国内債券インデックス・オープン 毎月2,000円82,000円+2,228円
たわらノーロード国内債券 毎月500円4000円-16円
三井住友・日本債券インデックスファンド 毎月500円4000円-12円
ニッセイ国内債券インデックスファンド 毎月500円4000円-13円
iFree外国株式インデックス 毎月10,000円80,000円+3,620円
たわらノーロード先進国株式 毎月10,000円80,000円+3,678円
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド 毎月10,000円80,000円+3,776円
ニッセイ外国株式インデックスファンド 毎月10,000円80,000円+3,599円
ニッセイ日経225インデックスファンド 毎月1,000円7,000円+75円
ひふみプラス 毎月5,000円35,000円+1,298円

評価損益 前回+35,273円 → 今回+20,083円

円高に加えて、北朝鮮問題やイギリスのユーロ離脱問題などが再発して、外国株式インデックスが軒並み低下してしまいました。米国の長期債権の利率が下落して、日本の利率も下落して、国内債券は割と上がりました。

もう少し下がったら、月額の積立額をあげようかなと思っていますが、他にも色々やることがあり、放置気味になりそうです。

受け取り配当と実現損益 (税引き後、合計+315,742円)

日付内容金額
2015年2015年の配当収入+1,100円
2016年2016年の配当収入+59,646円
2016年2016年の売買損益+247,886
2017年 1月11日LTMの配当+3,767円 (32.76ドルx115円/ドル)
2017年 3月22日JNJの配当+3,343円 (29.85ドルx112円/ドル)
2017年 3月31日LMTの配当+3,538円 (32.76ドルx108円/ドル)

前回+315,742円 → 今回+319,280円

LMTから配当をもらいました。この配当って結構嬉しくなるので、LMTを買い増ししようと思います。

今回の資産運用の実践ポートフォリオのまとめ

金融資産の運用益が1,726,620円から1,576,782円に減ってしまいました。

円高と銀行株の下落が主な原因ですが、任天堂がそれらの下落をカバーしてなんとか15万円ほどの低下に収まりました。

任天堂も結構上げ下げが激しいので、今後どうなることやら・・。円高がもうちょっと進んでくれれば、NISA口座で米国株を買い増ししようと思います。