2017年6月20日 +4,352,662円 資産運用ポートフォリオ、NVIDIAを新規購入

最終更新日 / 作成日 2017/06/20 / 作成者 資産運用の管理人

ポートフォリオ更新日:2017年6月20日
株式投資額(時価):前回15,718,175円 → 今回18,220,180円
株式評価損益:前回+2,463,124円 → 今回+3,978,497円

投資信託と債券の時価評価:前回625,837円 → 今回687,643円
投資信託と債券の評価損益:前回+36,321円 → 今回+46,625円

合計運用資産:前回16,344,012円 → 今回18,907,823円
合計運用損益:前回+2,823,507円 → 今回+4,352,662円

最近の取引
5月27日 NVIDIA 総合口座 63株(@140.33ドルx111.60円/ドル) 新規購入

国内株式 NISA口座 (運用額453,100円、損益-1,100円)

銘柄取引単価平均簿価株数損益
日本郵政1,3811,841100-46,000
IIJ2,0402,020100+1,900
ラウンドワン1,110680100+43,000

評価損益 前回+6,800円 → 今回-1,100円

前回なぜか上昇したIIJが今回なぜか低下して元どおり。ラウンドワンの業績が評価されたようで、引き続き好調です。NISAの割り当ては全部外国株投資に当てるので、日本株のNISA口座は引き続き放置です。

国内株式 総合口座 (運用額12,408,700円、損益+3,032,200円)

銘柄取引単価平均簿価株数損益
三井住友銀行4,2623,281300+294,300
日本郵政1,3811,196100+18,500
IIJ2,0401,584900+410,400
任天堂37,45025,600200+2,370,000
すかいらーく1,6661,7271,000-61,000

評価損益 前回+1,789,600円 → 今回+3,032,200円

任天堂のスイッチが引き続き好評で、評価益が200万円を超えてしまいました。いまだにスイッチが品薄でまともに買えない状態が続いています。とりあえず、普通にスイッチが買えるような状態になったら、売却を考えようと思います。

株主優待目当てに購入したすかいらーくが微妙です。筆頭株主の米投資会社のベインキャピタルがすかいらーくの株を売り出すそうで、その影響でぐずぐずしています。毎日数百万株の出来高になっているんですが・・・。一旦損切りした方が良いような気がしてきました。

米国株式 NISA口座 為替111円換算 (運用額1,833,801円、損益+296,959円)

銘柄取引単価(ドル)株数購入価額(円)損益(円)
LMT282.3028740,926+136,462
GOOG957.379795,916+160,497

評価損益 前回+244,065円 → 今回+296,959円

LMTはロッキードマーチン、GOOGはグーグルです。

特に材料はないのですが、米国市場全体が好調に推移しているので、保有している米国株も特に理由なく引き続き好調に推移しています。

米国株式 特定口座 為替111円換算 (運用額 時価3,524,579円、損益+650,438円)

銘柄取引単価(ドル)株数購入価額(円)損益(円)
BRK.B171.5540634,101+127,581
AMZN995.178603,676+280,035
JNJ134.9752649,732+129,315
NVDA157.3263986,632+113,507

評価損益 前回+422,659円 → 今回+650,438円

BRK.Bはバークシャーハサウェイ、AMZNはAmazon、JNJはジョンソン・エンド・ジョンソン、NVDAはエヌビディア(NVIDIA)です。

NVIDIAを63株(@140.33ドルx111.60円/ドル)新規で購入しました。100ドルくらいの時に推移を見守っていて、パソコンのビデオカードの売り上げが下がるから、割高だということで手を出せなかったのですが、決算では業績好調、今後の人工知能の拡大でもNVIDIAのCPU(GPU)がかなり有望しされて、一気に140ドルくらいになってしまいました。

ということで、出遅れてしまいましたが100万円分、NVIDIAを購入しました。

Amazon自体も好調ですが、米国のオーガニックな高級スーパーマーケットを買収する報道が出て、株価もさらに上昇しました。

投資信託と債券 (運用額687,643円 損益+46,625円)

内容簿価(購入価額)損益
三菱UFJ国内債券インデックスファンド 毎月2,000円86,000円+1,679円
SMT国内債券インデックス・オープン 毎月2,000円88,000円+1,996円
たわらノーロード国内債券 毎月500円5000円-27円
三井住友・日本債券インデックスファンド 毎月500円5000円-22円
ニッセイ国内債券インデックスファンド 毎月500円5000円-24円
iFree外国株式インデックス 毎月10,000円100,000円+8,965円
たわらノーロード先進国株式 毎月10,000円100,000円+9,126円
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド 毎月10,000円100,000円+9,049円
ニッセイ外国株式インデックスファンド 毎月10,000円100,000円+8,950円
ニッセイ日経225インデックスファンド 毎月1,000円9,000円+770円
ひふみプラス 毎月5,000円45,000円+6,163円

評価損益 前回+36,321円 → 今回+46,625円

特に悪いニュースもなく、米国市場も好調に推移したので、投資信託の評価益もアップしました。

ひふみプラスがかなり好調に推移しています。投資信託の中で一番良い成績です。次に外国(海外)株式インデックスが好調です。日経225インデックスもそこそこ好調です。

ダメダメなのが国内債券インデックス。長い目で見れば、貯金するよりかはいいのかなーと思うくらいです。ただ、国内債券インデックスを分散投資してもほとんど意味がなく、記録を取るのも面倒なので、そのうち2つくらいに集約しようと思います。

受け取り配当と実現損益 (税引き後、合計+327,540円)

日付内容金額
2015年2015年の配当収入+1,100円
2016年2016年の配当収入+59,646円
2016年2016年の売買損益+247,886
2017年 1月11日LTMの配当+3,767円 (32.76ドルx115円/ドル)
2017年 3月22日JNJの配当+3,343円 (29.85ドルx112円/ドル)
2017年 3月31日LMTの配当+3,538円 (32.76ドルx108円/ドル)
2017年 5月22日Monex債の償還差益+4,782円
2017年 6月20日JNJの配当+3,478円 (31.34ドルx111円/ドル)

前回+324,062円 → 今回+327,540円

JNJから配当がありました。JNJの株を買い増ししたので、次回は4500円くらいに配当が増えると思います。楽しみです。

今回の資産運用の実践ポートフォリオのまとめ

金融資産の運用益が2,823,507円から4,352,662円に大幅アップしました。

運用益の大幅アップの大半は前回に引き続き任天堂株の上昇によるものです。あとは、米国株の上昇も運用益のアップに貢献ー。

米国株を増やしたいところですが、キャッシュが不足気味なので、しばらく買い増しは控えめに。任天堂を売却したら、そのお金で外国株を増やそうと思います。